美白効果を高めるための酢の使い方と種類

女性たちの憧れ「透き通る肌の白さ」にお酢が役立つという情報を紹介します。美白ケアといえば、美白に特化したコスメを使うのはもちろん、体の中から肌コンディションを整えることも大切です。

 

ビタミンや、肌の材料となる良質のタンパク質が基本となりますが、お酢には代謝アップ、肌のターンオーバーを促す、血流を促すなどの働きがあるので、健やかな肌作りや、美白効果が期待できるのです。お酢の美白効果についてみていきましょう。

 

お酢が肌コンディションを整えるワケ

 

ダイエットや疲労回復に、お酢が役立つことが知られています。糖や脂肪などを燃焼させるにはクエン酸が必要です。お酢にはクエン酸が豊富に含まれているので、代謝をアップさせ、エネルギーを生み出すだけでなく、血流をよくして、肌のターンオーバーをスムーズにしてくれます。

 

また、酢の種類によっては肌のうるおいに欠かせないコラーゲン合成に欠かせないアミノ酸、抗酸化作用の高いポリフェノールなどが含まれており、顔のシミを作りにくくする美白効果が期待できるのです。

 

  • ターンオーバーがスムーズに行われて肌が整う
  • 抗酸化作用が真皮のなかでの色素沈着を抑えてくれる

 

美白と抗酸化の関係について

 

日焼けやシミは、紫外線の刺激をうけておこる酸化が大きく関係しています。このとき活性酸素の発生を抑えることができれば、酸化が進みにくくなり、肌コンディションが整いやすくなります。

 

  • 色素沈着(シミのもと)ができにくくなる
  • うるおいや柔軟性を保てる

 

活性酸素が増えると、組織がしなやかさを失い色素の沈着が起こりやすくなってきます。生活習慣病の発症にも関わっているといわれていますし、抗酸化というのは、アンチエイジングや美白、スキンケアにとっても大きなキーワードです。お酢の中でも、抗酸化力に優れている種類を選んで取り入れることが、美白に役立ちます。

 

美白効果が高いお酢 リンゴ酢

リンゴ酢に含まれる抗酸化作用の高い物質として、つぎの2つがあげられます。

 

  • リンゴポリフェノール
  • レスベラトロール

 

一般的なお酢では、クエン酸による代謝アップが美白・美肌に役立つと考えられますが、リンゴ酢の場合には、抗酸化物質が含まれているところがポイント。特にレスベラトロールは、肌の奥でメラニン色素が作られるときに活躍するチロシナーゼを抑えてくれるので、美白に役立つ成分です。美白と肌の炎症を抑えてくれることを期待して、化粧品にも配合されることが多いものです。

 

美白効果が高いお酢 黒酢

黒酢には美白に役立つ成分が含まれています。

 

  • 豊富なアミノ酸
  • ポリフェノール類
  • 原料によってはヒアルロン酸やコラーゲン

 

お酢そのものの抗酸化作用に加えて、ポリフェノール類の抗酸化作用が期待できます。原料によってポリフェノールの種類が複数含まれていることもあり、黒米の場合にはアントシアニンが含まれています。また、豊富なアミノ酸は、肌の合成やターンオーバーに役立つので、うるおいある美肌や美白を目指すのにはぴったりです。